遺伝子は眼球の成長に関わっており、眼球を過剰に成長させるという


10年以内に世界中からメガネっ子が激減する



「近視の原因とされる『RASGRF1』という遺伝子を発見。この遺伝子は眼球の成長に関わっており、眼球を過剰に成長させるという。そのため網膜の焦点がずれて、近視になることが判明」